スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHAOS RINGS(ケイオスリングス)

スクウェアエニックスのiOS用ゲーム、『ケイオスリングス』のお話。
発売されたのが2010年なので、もう出てから2年も立ってるゲームです。

IMG_0167_20121004230143.jpg
タイトル画面

自分はiOS用のゲームをそこまで大量にやっているわけじゃないのですが、
このゲームは結構お勧めしてます。

iOSでもこういうゲームが作れるんだなぁなんて、当時驚かされた作品です。
iPhonのような携帯電話用のゲームで、ここまで本格的なゲームが作れるのかって。

まぁ、今でこそ結構こういうクオリティの高いゲームは増えてきてますが、当時は本当に驚いたもんですよ。

このゲームの特徴は、

グラフィックの美しさ。
単純なようで奥深い戦闘システム。
引き込まれるストーリー。

などなど、中々の力の入れようが窺えます。

価格は1500円とiOS用ゲームの中では高めですが、その分のクオリティは保障されてます。

正直な話、最近コンシューマーで出てるのスクエニのゲームより面白いです。
……なんて書くと怒られてしまうかもしれませんが、正直そう思ってしまったんだからしょうがない。

スーファミくらいからゲームやってる人なら多くの人が思ってるでしょうけど、昔のスクウェアっていったら、出すゲーム出すゲーム良作の連続で、本当に凄い会社だったじゃないですか。

今じゃ迷走しちゃってる感じで、色々苦労してるのでしょうけど……。

あ、ちなみに最近でもないかもしれませんが、『ニーア』は面白かったです。



PS3のスクエニのゲームだと、一番のお気に入りです。

まぁ、回顧厨的な話はここで置いといて、ケイオスリングスの話に戻ります。

ゲームを初めて直ぐにキャラクター選択になります。

IMG_0168_20121004230424.jpgIMG_0169_20121004230451.jpg

二人組のペアが4組用意されていて、その中から一組を選びます。
今回はエッシャー&ミューシャのチームを選んでゲームのシステムをご紹介。
一応、この作品の主人公チーム的な位置付けのキャラなので。

ストーリーの大きなネタバレは一切ないので、これからやろうと思っている方も安心してお読みください。

・ストーリー
ホームページを見てもらうのが一番いいのでしょうが、簡単に。

キャッチは、

新たなアダムとイブが手にする禁断の果実、1万年の輪廻の先に待つものは―。

です。

おお~、壮大なストーリーが予想されますね!

『代弁者』と名乗る謎の存在によって世界中から5組の男女が集められ、
生き残りを掛けて『アルカ・アレーナ』というトーナメントをする事になります。
そのトーナメントに参加する事を拒否すれば死あるのみ。
それぞれのペアはわけもわからぬまま、この命を掛けた戦いに巻き込まれていく――。

まぁ、もっとわかりやすく言うと、バトルロワイアルしましょ! ってことです。

はい……軽いノリで言ってすみません。
誤解ないように言っておきますが、このゲーム自体はかなりシリアスゲームです。

シナリオは微妙に納得いかない所もありますが、先が気になる内容になっていて、
最後まで遊ばせてくれるゲームです。

かなり簡単にまとめてますが、ストーリーについては以上。


・戦闘システム

ゲームを進めていく上で重要になってくるSOLOでの戦闘とPEREでの戦闘について。

IMG_0172.jpgIMG_0173.jpg


言葉通りなんですが、SOLO(ソロ)で戦闘する場合は、キャラクターが一人一人で戦闘する事になり、それぞれの行動を選択して敵と戦います。
まぁ要するに、通常のRPGのような戦闘システムというわけです。
長所は、キャラクターにそれぞれ役割を割り振って行動させられる点。
短所はPERE(ペア)に比べ、決定力に欠ける点。


逆にPERE(ペア)での戦闘を選択すると、キャラクター二人が同じ行動をします。
PEREを使う事のメリットは、ステータスの底上げになることですね。
敵を殴る際、攻撃力がSORO(ソロ)に比べて高くなります。
また、PEREを選択すると、全体効果のない魔法やアイテムでも二人まとめて回復や補助効果を付加する事が出来ます。

逆にデメリットは、敵の攻撃を受ける際、本来単体攻撃のものが全体攻撃になってしまうこと。
なので、敵の数が多い時にヘタなタイミングでPEREを使うとヤバい事になります。

SOROもPEREどちらもメリットデメリットがあるので、状況に合わせてどちらを選択するかが重要になってきます。
特に自分よりも格上の相手と戦う際は、ヘタにPEREを選ぶと味方が同時に死んでしまうなんて事が何回かありました。
でも、このシステムがある事で、普通のRPGよりも楽しい駆け引きが楽しめました。

後、相手よりも先に攻撃を入れる事が重要で、戦闘中に左上に出ているEVENの文字。
これは、味方と敵のどちらが今有利な状況かを表してます。
ゲージが青だとプレイヤーにアドバンテージがあり(攻撃力が上がります)
ゲージが赤だと敵にアドバンテージがあります。

最初に一発いれた方に先にアドバンテージが付き、4回攻撃を与えると相手にアドバンテージが移ります。
なので、とにかく最初のアドバンテージを取ることは結構重要。
これによる攻撃力補正は結構でかいんですよ。
特に同レベル以上の敵が相手となると、かなり重要になってきますんで、とにかく最初の一発は先行!
先手必勝ってわけです。


GEMについて。
戦闘中に魔法を使う為にはGEMという装備をセットする必要があるのですが、これはFF7のマテリアみたいなものです。
まぁ、マテリアのようにGEMによってステータスが変化する訳ではないのですが、育てる事で技が増えていき、マスター状態にする事で、GEMが全ての技を覚える。
という感じです。

これでマテリアみたいにステータスカスタマイズも楽しめれば、個人的にはかなり気にいったんだろうなぁ……。(睡蓮はFF7がかなり大好きなので)

GEMをセットする事で、そのGEMに応じた技や魔法を使えるようになるのですが、重要なのは属性系の魔法。
火、水、風と属性があり、それぞれのタイプの魔法を使うと属性が強制的に付加されます。
相手が複数の魔法を使えると厄介で、最初に風の魔法を使って風属性が付加された敵に、弱点の火属性の魔法を使ったとする。
でも、次のターンには相手が水属性の魔法を使って、水属性が付加されてしまう場合とかもあるんですよ。
つまり、火属性の攻撃ダメージが半減。
しかも、自分には火属性が付加されてしまうので、相手の水属性と相性が悪くなってしまうわけです。

なので、魔法を使うタイミングはかなり重要でした。
相手の使える魔法を見極めるところから始めなくちゃならないわけです。

戦闘での駆け引きを楽しむって意味では、中々うまいシステムだと思います。
手軽なようで戦略性の高い戦闘は、このゲームの魅力です。


・グラフィック

IMG_0170.jpg

2010年に出たiOS用ゲームの中ではトップクラスのクオリティです。
PS3とまではいきませんが、PS2と同程度のグラフィックのゲームがiOSで楽しめるってのは、当時結構感動でした。
今はもっと凄いグラフィックのゲームも出ていますが、今でもトップクラスである事は間違いないです。
会話中に出てくるキャラクターのイラストもカッコいい&美しいので、このゲームの魅力を十分に引き出してくれてます。
個人的には、このゲームの世界観にぴったりのイラストだと思います。
ちなみに上の画像のキャラはピュッピュと言って、まぁ商人みたいな存在のキャラ。
このキャラが色々なアイテムを売ってくれます。
可愛い見ために反して、女好きというマスコットキャラ。
口調もなんとなく偉そうな感じ。
後、根は結構いいヤツなんだけど、なんとなく皮肉っぽさのあるキャラです。


・ミニゲーム要素
ステージを進めていくと、ミニゲーム的なパズルゲームのようなものが途中であります。個人的にこれはいらなかったかな(笑)
もしくは、いれるならもう少し難しくしてもよかったかも。
ほとんど簡単なものばかりでした。
なんていうか、ある意味を感じなかった。
あまりに作業的で面倒くさいだけだった気がします。
でも、途中の休憩というか、少し頭を柔軟にしなさいっていうスクエニ様からのメッセージですかね(笑)


まとめ

★5つが最高評価。
☆は0.5扱い

グラフィック  ★★★★(iOSの中では)
ゲームシステム ★★★★
世界観     ★★★☆
キャラクター  ★★★★
シナリオ    ★★★☆

総評      80/100点


自分は総プレイ時間20時間くらいでした。
各ペアのクリア時間がだいたい3~5時間くらいですね。

ボリューム不足では? と思う方もいるかもしれませんが、自分的には丁度いいくらいでした。
社会人にとっては、サックとクリア出来て面白いゲームっていうのはかなり貴重なんです!
今学生の子は、働くようになってみればわかる(笑)

でも1500円という値段を考えれば、十分なものだったと思います。
自分的には、値段分は間違いなく遊べました。

ただ、20時間というのはあくまで普通のクリアまでの時間なので、隠し要素とかもいれると、もっと遊べますよ。

最近やるゲームねぇ~なぁ~って思ってる方や、iPhonやiPadを持ってるけど、このゲームやった事ないなぁ。って方には是非遊んで欲しい1本です。

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事を気にいって頂けたら、クリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

睡蓮

Author:睡蓮
ゲームやアニメの感想を書いてます。
ゲームやアニメ三昧の日々を送ることが夢。
それくらいのゲームやアニメ好きです。

リンクはご自由にどうぞ。相互リンクも大歓迎です。

twitter
睡蓮的ゲームオブザイヤー
PS
PS2
PS3
PS4
PSP
PSV
SS
DC
GBA
DS
3DS
PC
iOS
ゲーム動画
アイドルマスター関連
ホビー
アニメ関係
ファイアーエムブレム関係
漫画&ライトノベル
ゲームアニメ仲間へリンク
bana-Poetry of a Bird様
検索フォーム
艦これ航海日誌
新作ゲーム

ニーアオートマタ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

ファイアーエムブレム エコーズ

ドラゴンクエスト11

ファイアーエムブレム if

ARMS

人形達の記憶

ファイアーエムブレム無双
ゲームタイトル
応援中
東京ザナドゥ発売決定!
閃の軌跡2絶賛発売中!
月別アーカイブ
最新トラックバック
ゲームやアニメの通販サイト
新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋
ブログパーツ
KOFのシューティングゲーム。音が出るので注意です。

訪れたゲームアニメ仲間達
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。