スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版まどかマギカ 後編

後編も見てきました~!

自分はテレビ版はほとんど見ていなかったのですが、色々と新規で書かれていたカットもあったようです。
杏子の持っているうまい棒の絵が変わってたり、途中で流れる本編OPのコネクトの映像が変わっていたり、ファンの方は「おっ」となるような演出が多くあったと思います。

TV放送されたアニメの編集+新規カットの映画とはいえ、初めて観る方でも十分楽しめる作品になってました。
自分的にはテレビ放送版も観てみたくなるくらい面白かったです。

しかも最後には、劇場版まどかマギカ―叛逆の物語―という次回作の宣伝まで流れるというおまけ付きでした!
2013年公開予定ということなので、今から公開を楽しみに待ちましょう!

あと、友人が映画館でいくつかグッズを買ったのでご紹介。

まずパンフレット。これが表紙です。

IMG_0210.jpg

中身はこんな感じ。

IMG_0212.jpg
IMG_0213.jpg

ちなみにパンフレット以外だと、こんな物も買ってました。

IMG_00215.jpg

これ、新聞なんですが、なんと全ページがまどかマギカの特集です。
声優さんのインタビューもあったので、ファンの方なら買いだと思います。

今なら前編後編どちらも一編に観られるので、まだ観ていない方は是非、映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?
まどかたちの雄姿を、是非劇場で!

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事を気にいって頂けたら、クリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

アイドルマスターシャイニーフェスタ

ついに発売されました!
アイドルマスターシャイニーフェスタ!

自分だけではなく、全国のプロデューサーさんたちも今日という日を楽しみにしていたことでしょう!

IMG_0204_20121025205719.jpg

IMG_0202_20121025205736.jpg

IMG_0203_20121025205752.jpg

自分はこの通り三種類買ってしまったわけです。

これを書いている段階ではまだプレイしていない……というか、今日明日はまだプレイしている余裕がなさそうなので日曜日にゆっくりやれたらいいなぁと思ってるんですけど……。

取りあえず、やったらレビュー書きます。

ヤフオクとかに早速特典が出品されているんですけど、シンデレラガールズのシリアル? とバックステージパスだけで結構なお値段付いてるみたいです……。

売らないので俺には関係ない話なのですが、ちょっと吃驚しました。
アイマス恐るべし。

まぁ今日は、このゲームをプレイ出来る日を楽しみに休日までがんばりたいと思います!

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事を気にいって頂けたら、クリックお願いします。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

久しぶりに四コマ描きました。

アイマス4コマラフのコピー

シャイニーフェスタももう直ぐ発売という事で、久しぶりにアイマス四コマ描いてみました。
相変わらず、パソコンで絵を描くのは苦手です(笑)
進歩ないなぁ……。

最近は、パスで線を引く練習中です。
本当はペンタブでさっさっと描けたらいいんですけど、鉛筆で描くのとはどうも感覚が違って……。

出来れば今度は色も塗った四コマを描きたいと思ってますので、その時はまた見てやって下さい。

まぁ何にしても、もう今週発売されるんですよね!
シャイニーフェスタ、今から楽しみです!

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事を気にいって頂けたら、クリックお願いします。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

こんな本を買ってみました。

アーケードゲーマーズとアクションゲームサイドという本をご紹介させて頂こうと思います。

アーケードゲーマーズはアーケードゲーム、アクションゲームサイドはアクションゲームについての専門誌です。

アクションゲームサイドは割と最近買ったんですが、アーケードゲーマーズは随分前にに買って読んでなかったので、少しずつ読み進めてます。

IMG_0207.jpg

アーケードゲームの歴史を最初から学ぶことが出来るので、あまりアケゲーを知らない人でもこんなゲームがあったのか!? と、レトロゲームを学ぶ機会になると思います。

勿論、インベーダーゲームの頃からアーケードゲーマーだったぜ!
なんてハイゲーマーな方も、この本と一緒に当時の歴史を振り返ってみると面白いと思います。あまりの懐かしさに目から涙が流れてしまうかもしれませんね(笑)

でも、この本を読んで改めて思ったことなんですけど、
アーケードから家庭用に移植されてないゲームって、結構あるんですよね。

版権の関係とか、色々難しい大人の事情があるんでしょうけど、あぁ、勿体ないと思わずにいられないです。

本当に好きな人だったら、筺体と基盤を買ってプレイしてるのかもしれませんけど、それはあまりにも敷居が高過ぎるといいますか……。(そういや、敷居が高いって本来の意味は、迷惑を掛けた方の家に行きにくい、っていう意味なんですよね)

なんてちょっとした日本語の意味にも触れつつ、とにかく! 移植されてないゲームがこんなにも一杯あるなんて悲しいわけですよ睡蓮的に。

それに、移植されているとは言っても、それが完全移植でない作品もかなり多いみたいですし。

今でこそ、WiiのVC(ヴァーチャルコンソール)とかPS3や360でネット配信があるので、当時のアーケードゲームそのままの移植が遊べたりするみたいですけど、それも配信が終われば手に入らなくなってしまうわけで……。欲しいゲームがある方は忘れないうちにゲットしておかなくちゃならないわけですよ。
でも、ダウンロードしてもゲーム機自体が壊れたらもうどうしようもないんだよな……。
やっぱり、筺体と基盤買うか(笑)
なんて思う睡蓮なわけです。

でも、基盤はガチで高いのも多いし、マネーの問題が……。
グラディウスⅡの基盤とか200000円とかするらしいので、ちょっとばっかしハードルが高いです。

個人的に欲しい基盤は、エイリアンVSプレデターとかパワードギアとか、その辺りのベルトアクションがめちゃくちゃ欲しいです。それと、サイコソルジャーも! 以外なんですけど、あれも移植されてないんですよね。アテナはファミコンで出てるのになぁ……。
この辺りのゲームが稼働しているゲーセンほとんどないしなぁ……。

基盤の価格が高いとはいっても、社会人が買う気になれば買えない額ではないんですけど……多分、友人の何人かに基盤買ったとか言ったら、「バカだろ」と一蹴されそう。あとは、筺体を部屋のどこに置くかもかなり問題だ……。

でも基盤はゲーマーの憧れだよなぁ。とか個人的に勝手に思っているのです。
いつか絶対に欲しい! と心を高ぶらせつつ次の話。

IMG_0205.jpg

アクションゲームサイドの方は、ワルキューレが表紙にきているだけあって、数十ページに渡って特集が組まれております。

ワルキューレ様マジ天使! ←と信奉している私睡蓮は、この本を完全に表紙買いしておりました。

ゲーム雑誌やらネットやらでワルキューレを見かけると、ワルキューレの伝説がむしょうにやりたくなるんですよね。

まぁワルキューレについて語らせると長くなるので、一度切りあげます。

表紙がワルキューレの割りに、本の内容はレトロゲームだけじゃなくて、結構幅広い世代のアクションゲームが紹介されてます。

驚くべき点が、一般ゲーだけじゃなくて、同人ゲームも一部紹介されてるんですよね。
後はネット配信のゲームとかも。

アクションゲーム専門誌と言ってるだけの事はあるなぁと感じられる本です。

コードオブプリンセスの制作者インタビューも載ってるので、制作秘話的なものに興味がある方には嬉しいかも。ちなみに、他のゲームのインタビューもありました。
興味のある方は買ってみるといいかもです。

ゲームだけでなく、アクションゲームに登場するキャラクターのフィギュアとか、
サントラとかのグッズ関係のページも少々あり、様々な点からアクションゲーマーを楽しませてくれる一冊になってました。

ゲームのファンブック的な物を読むのが好きな方には、絶対買いだと思います。

ご興味のある方は是非読んでみて下さいね~。

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事を気にいって頂けたら、クリックお願いします。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

織田信奈の野望

10月から新作アニメが始まていますが、その前に前期のアニメで個人的に好きだったアニメの話をしたいと思います。

前期のアニメで最高に面白かった作品が、今回のタイトルにもなっている、

『織田信奈の野望』

だと、個人的には思っております。

ぱっと見た感じだと、キャラクターが可愛らしい萌豚専用ようのブヒアニメだと思われる方が多いでしょう!

ええ、7割方間違ってません(笑)

ですが、それだけのアニメじゃないんです。

確かに美少女いっぱい夢いっぱいの素晴らしい作品ではありますが、
それ以上に注目して頂きたい点が、戦闘シーンのカッコ良さです。

美少女キャラの可愛さばかりに目がいきがちですが、
実はこの作品、作画のクオリティが前期のアニメの中でもトップクラスのものでした。

制作は Studio5組 & マッドハウス

萌えアニメの制作が主体のStudio5組と、硬派なアニメが多いマッドハウスというアンバランスなチームで制作されたアニメなのですが、実際このスタッフで制作して大正解だったんじゃないかと思います。

当然自分は、内部の制作状況を知っているわけじゃないので、ただの憶測に過ぎないんですけど、萌えパートは5組が担当して、戦闘シーンの作画をマッドハウスが担当したんじゃないかって気がします。

萌えシーンはとにかく美少女キャラが可愛く常にブヒれるクオリティ。
戦闘シーンはめちゃくちゃカッコ良く、そして美しい。

二つの要素とギャップが見事に絡み合って、素晴らしい作品になっていたと思います。

正直最初は、「どうせただの萌えアニメだろ?」と思って見ていたんですが、
OPを見て……「……は? カッコ良すぎワロタw」に変わってました(笑)

多分これは俺だけじゃないと思うんですよ。
見た事がある方ならご存知かと思いますが、OPのクオリティはマジで半端ないです。

アニメーター様方の本気を見せて頂いたという感じです。
アニメーター様は本当にお国の宝ですね(笑)

勿論、OPのクオリティだけじゃなくて、本編のクオリティもかなり高いものになってます。
大きく作画崩れする事もなく、常に一定のクオリティを保っていましたし、戦闘シーンはどの話もかなりのクオリティで描かれていました。

声優の方の演技も素晴らしく、特に主人公の相良良晴(主人公は信奈か?)の常に熱血漢な熱いセリフは、ご都合主義とはいえカッコ良かったです。

萌え有り燃え有りと男性諸君の夢(妄想)が全て備わっているアニメです(笑)

前期のアニメをそれほど見ていたわけじゃないのですが、この作品は個人的にお勧めしてます。

自分は原作を読んだ事がないので、原作小説も読んでみたいなぁ~。なんて思ってます。
でも、積んである本が沢山あるので、暫くはお預けかな……。
読んだことある方がいらっしゃれば、是非感想を教えて下さい!

自分も、また機会があればお勧めのアニメの話をさせて頂きますので、その時は宜しくお願いします!

ではでは、今回はこの辺で。。。

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事を気にいって頂けたら、クリックお願いします。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

アキハバラでんのうばこ

皆様は、『アキハバラ電脳組』という作品をご存知でしょうか?
10年以上前の作品なので、今高校生くらいの世代は知らないと思うのですが、
一世風靡した『ことぶきつかさ』先生がキャラクターデザインをされているアニメです。
ちなみに『ことぶきつかさ』先生の代表作は、『セイバーマリオネット』や『ラムネ&40炎』などです。

タイトルにアキハバラとあるように、アニメの舞台はアキハバラ。
で、イラストとかタイトルの印象で、女の子がアキハバラでオタク的な趣味できゃきゃうふふと仲良く百合的な遊びを繰り広げるアニメだと思われる方もいるかもしれませんが、そんなアニメではなく、プリキュア的なバトル要素もあるアニメだったりします。

あと、アキハバラ電脳組ってタイトルですけど、あんまりアキバは関係ない作品です。

今このアニメを作ったら、女の子たちがゆるくオタトークをするアニメに変貌を遂げるんでしょうかね?

と、まぁ余談はここまでで、本題に入りたいと思います

タイトルで書きましたが、今回は『アキハバラでんのうばこ』の話。

『アキハバラでんのうばこ』というのは、アキハバラ電脳組のデスクトップアクセサリー集です。

実はこれ、最近ゲットしたんですよね。
店で見かけるまでは、アキハバラ電脳組にデスクトップアクセサリーが出ていること自体知りませんでした。

IMG_0203_20121009210159.jpg
IMG_0202_20121009210149.jpg
IMG_0201_20121009210139.jpg


いちっ、にっ、さんっ と三種類出ており、そのそれぞれにファンなら嬉しい小ネタやらミニゲームなどが収録されています。

デスクトップアクセサリーとしてでなく、色々な遊び心の入った素晴らしい作品になってます。

ファンの方であれば、是非遊んでみて頂きたい一品になっております。
ちなみに、見つけた時に自分は即買いしました(笑)

中古ショップで見かけたのは初めてでした。

コレクターズアイテムのようなものだから、手放す方が少なく市場ではあまり見かけないんですかね?

それとも、うちの地元であんまり見ないだけなのかな?

まぁ何にしても、中古屋巡りはまれにこういうレアな品に出会えるので面白いですよね。
皆様も、こんなレアアイテムをゲットした事あるぜ! とか、アキハバラ電脳組のこんなアイテムを持ってるぜっ! なんて話があれば、コメント下さると嬉しいです!

それでは、今回はこの辺りで失礼します。
三連休明けから早速疲れてる、睡蓮の戯言でした。

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事を気にいって頂けたら、クリックお願いします。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

劇場版 魔法少女まどかマギカ 前編

を、観てきました!

ストーリーに関わるネタバレはしませんので、ご安心して読んで下さい。

ちなみにこれがパンフレット。

IMG_0187.jpg

少しですが、ちらりと中身も。

IMG_0195.jpg

そしてこっちが、友人が買った劇場で買えるポップコーンとジュースのセットです。

IMG_0190.jpg

IMG_0192_20121008034937.jpg

実はまだ、この中にはポップコーンが入りっぱなしです(笑)
かなりの量が入っていたので、友人も食べきれなかったようです。
しかし、こんなのも売ってるんですね~。

ちなみに自分、テレビ放映版はほとんど見たことがなかったのですが、それでも楽しく観れました。
友人の話だと、前編はアニメの1~8話くらいまでの話だったそうです。

テレビ放映版の編集+新規カットの作品らしいんですけど、かなりの数の新規カットがあったみたいです。
細かい演出が多く、まどかを知っているファンほど、「おっ!?」となるような演出が多かったみたいです。

自分もテレビ放映版を観ていたら、その辺りも楽しめたんだろうなぁ。
後編が一週間後くらいに始まるので、それを見に行くのがいつになるかわかりませんが、出来る限り早く見に行きたいとは思ってます。

アニメの評価は最終回まで観てこそわかるってもんですからね。
でも、映画を観て、アニメ放映も観てみたいなぁ~なんて思いました。

少なくともそう思えるくらいは面白かったってことですよね。

映画の後編を観たら、テレビ放映版を全部観てみようかな。
どこが違うのかっていうのを見比べるのも面白そうです。

ちなみに映画を見に行く前にゲーセンにも行ってきました!

化物語やピングドラムの時もブログに載せましたが、まどかマギカとうまい棒がただ今コラボしております。
興味ある方はナムコのゲーセンにゴー!

IMG_0197_20121008035649.jpg

そしてボクらは既に取ってきました。相変わらず凄いデザインだ!

ちなみに500円入れる事に、1枚クリアファイルが貰えます。
現在は3種類しか出ていないので、1500円で3枚貰えるわけですね。



IMG_0199.jpg
IMG_0200.jpg
IMG_0201.jpg



IMG_0202.jpg

IMG_0203.jpg

IMG_0204.jpg

裏側のファミコンのドット絵みたいなデザインが素晴らしいです。
デザイン的に、ドルアーガの塔あたりを意識した感じですかね?

可愛らしくてグットです!

11月2日からは新しいデザインのクリアファイルが出るみたいなので、その時にまた取りに行ってこようと思います!

そうしたらまたブログで紹介させて貰いますので、宜しくお願いします!

まぁ何にしても、まどかマギカの映画前編、面白かったです。
後編はいったいどう展開されていくのか、今から楽しみにしておこうと思います!

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事を気にいって頂けたら、クリックお願いします。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

CHAOS RINGS(ケイオスリングス)

スクウェアエニックスのiOS用ゲーム、『ケイオスリングス』のお話。
発売されたのが2010年なので、もう出てから2年も立ってるゲームです。

IMG_0167_20121004230143.jpg
タイトル画面

自分はiOS用のゲームをそこまで大量にやっているわけじゃないのですが、
このゲームは結構お勧めしてます。

iOSでもこういうゲームが作れるんだなぁなんて、当時驚かされた作品です。
iPhonのような携帯電話用のゲームで、ここまで本格的なゲームが作れるのかって。

まぁ、今でこそ結構こういうクオリティの高いゲームは増えてきてますが、当時は本当に驚いたもんですよ。

このゲームの特徴は、

グラフィックの美しさ。
単純なようで奥深い戦闘システム。
引き込まれるストーリー。

などなど、中々の力の入れようが窺えます。

価格は1500円とiOS用ゲームの中では高めですが、その分のクオリティは保障されてます。

正直な話、最近コンシューマーで出てるのスクエニのゲームより面白いです。
……なんて書くと怒られてしまうかもしれませんが、正直そう思ってしまったんだからしょうがない。

スーファミくらいからゲームやってる人なら多くの人が思ってるでしょうけど、昔のスクウェアっていったら、出すゲーム出すゲーム良作の連続で、本当に凄い会社だったじゃないですか。

今じゃ迷走しちゃってる感じで、色々苦労してるのでしょうけど……。

あ、ちなみに最近でもないかもしれませんが、『ニーア』は面白かったです。



PS3のスクエニのゲームだと、一番のお気に入りです。

まぁ、回顧厨的な話はここで置いといて、ケイオスリングスの話に戻ります。

ゲームを初めて直ぐにキャラクター選択になります。

IMG_0168_20121004230424.jpgIMG_0169_20121004230451.jpg

二人組のペアが4組用意されていて、その中から一組を選びます。
今回はエッシャー&ミューシャのチームを選んでゲームのシステムをご紹介。
一応、この作品の主人公チーム的な位置付けのキャラなので。

ストーリーの大きなネタバレは一切ないので、これからやろうと思っている方も安心してお読みください。

・ストーリー
ホームページを見てもらうのが一番いいのでしょうが、簡単に。

キャッチは、

新たなアダムとイブが手にする禁断の果実、1万年の輪廻の先に待つものは―。

です。

おお~、壮大なストーリーが予想されますね!

『代弁者』と名乗る謎の存在によって世界中から5組の男女が集められ、
生き残りを掛けて『アルカ・アレーナ』というトーナメントをする事になります。
そのトーナメントに参加する事を拒否すれば死あるのみ。
それぞれのペアはわけもわからぬまま、この命を掛けた戦いに巻き込まれていく――。

まぁ、もっとわかりやすく言うと、バトルロワイアルしましょ! ってことです。

はい……軽いノリで言ってすみません。
誤解ないように言っておきますが、このゲーム自体はかなりシリアスゲームです。

シナリオは微妙に納得いかない所もありますが、先が気になる内容になっていて、
最後まで遊ばせてくれるゲームです。

かなり簡単にまとめてますが、ストーリーについては以上。


・戦闘システム

ゲームを進めていく上で重要になってくるSOLOでの戦闘とPEREでの戦闘について。

IMG_0172.jpgIMG_0173.jpg


言葉通りなんですが、SOLO(ソロ)で戦闘する場合は、キャラクターが一人一人で戦闘する事になり、それぞれの行動を選択して敵と戦います。
まぁ要するに、通常のRPGのような戦闘システムというわけです。
長所は、キャラクターにそれぞれ役割を割り振って行動させられる点。
短所はPERE(ペア)に比べ、決定力に欠ける点。


逆にPERE(ペア)での戦闘を選択すると、キャラクター二人が同じ行動をします。
PEREを使う事のメリットは、ステータスの底上げになることですね。
敵を殴る際、攻撃力がSORO(ソロ)に比べて高くなります。
また、PEREを選択すると、全体効果のない魔法やアイテムでも二人まとめて回復や補助効果を付加する事が出来ます。

逆にデメリットは、敵の攻撃を受ける際、本来単体攻撃のものが全体攻撃になってしまうこと。
なので、敵の数が多い時にヘタなタイミングでPEREを使うとヤバい事になります。

SOROもPEREどちらもメリットデメリットがあるので、状況に合わせてどちらを選択するかが重要になってきます。
特に自分よりも格上の相手と戦う際は、ヘタにPEREを選ぶと味方が同時に死んでしまうなんて事が何回かありました。
でも、このシステムがある事で、普通のRPGよりも楽しい駆け引きが楽しめました。

後、相手よりも先に攻撃を入れる事が重要で、戦闘中に左上に出ているEVENの文字。
これは、味方と敵のどちらが今有利な状況かを表してます。
ゲージが青だとプレイヤーにアドバンテージがあり(攻撃力が上がります)
ゲージが赤だと敵にアドバンテージがあります。

最初に一発いれた方に先にアドバンテージが付き、4回攻撃を与えると相手にアドバンテージが移ります。
なので、とにかく最初のアドバンテージを取ることは結構重要。
これによる攻撃力補正は結構でかいんですよ。
特に同レベル以上の敵が相手となると、かなり重要になってきますんで、とにかく最初の一発は先行!
先手必勝ってわけです。


GEMについて。
戦闘中に魔法を使う為にはGEMという装備をセットする必要があるのですが、これはFF7のマテリアみたいなものです。
まぁ、マテリアのようにGEMによってステータスが変化する訳ではないのですが、育てる事で技が増えていき、マスター状態にする事で、GEMが全ての技を覚える。
という感じです。

これでマテリアみたいにステータスカスタマイズも楽しめれば、個人的にはかなり気にいったんだろうなぁ……。(睡蓮はFF7がかなり大好きなので)

GEMをセットする事で、そのGEMに応じた技や魔法を使えるようになるのですが、重要なのは属性系の魔法。
火、水、風と属性があり、それぞれのタイプの魔法を使うと属性が強制的に付加されます。
相手が複数の魔法を使えると厄介で、最初に風の魔法を使って風属性が付加された敵に、弱点の火属性の魔法を使ったとする。
でも、次のターンには相手が水属性の魔法を使って、水属性が付加されてしまう場合とかもあるんですよ。
つまり、火属性の攻撃ダメージが半減。
しかも、自分には火属性が付加されてしまうので、相手の水属性と相性が悪くなってしまうわけです。

なので、魔法を使うタイミングはかなり重要でした。
相手の使える魔法を見極めるところから始めなくちゃならないわけです。

戦闘での駆け引きを楽しむって意味では、中々うまいシステムだと思います。
手軽なようで戦略性の高い戦闘は、このゲームの魅力です。


・グラフィック

IMG_0170.jpg

2010年に出たiOS用ゲームの中ではトップクラスのクオリティです。
PS3とまではいきませんが、PS2と同程度のグラフィックのゲームがiOSで楽しめるってのは、当時結構感動でした。
今はもっと凄いグラフィックのゲームも出ていますが、今でもトップクラスである事は間違いないです。
会話中に出てくるキャラクターのイラストもカッコいい&美しいので、このゲームの魅力を十分に引き出してくれてます。
個人的には、このゲームの世界観にぴったりのイラストだと思います。
ちなみに上の画像のキャラはピュッピュと言って、まぁ商人みたいな存在のキャラ。
このキャラが色々なアイテムを売ってくれます。
可愛い見ために反して、女好きというマスコットキャラ。
口調もなんとなく偉そうな感じ。
後、根は結構いいヤツなんだけど、なんとなく皮肉っぽさのあるキャラです。


・ミニゲーム要素
ステージを進めていくと、ミニゲーム的なパズルゲームのようなものが途中であります。個人的にこれはいらなかったかな(笑)
もしくは、いれるならもう少し難しくしてもよかったかも。
ほとんど簡単なものばかりでした。
なんていうか、ある意味を感じなかった。
あまりに作業的で面倒くさいだけだった気がします。
でも、途中の休憩というか、少し頭を柔軟にしなさいっていうスクエニ様からのメッセージですかね(笑)


まとめ

★5つが最高評価。
☆は0.5扱い

グラフィック  ★★★★(iOSの中では)
ゲームシステム ★★★★
世界観     ★★★☆
キャラクター  ★★★★
シナリオ    ★★★☆

総評      80/100点


自分は総プレイ時間20時間くらいでした。
各ペアのクリア時間がだいたい3~5時間くらいですね。

ボリューム不足では? と思う方もいるかもしれませんが、自分的には丁度いいくらいでした。
社会人にとっては、サックとクリア出来て面白いゲームっていうのはかなり貴重なんです!
今学生の子は、働くようになってみればわかる(笑)

でも1500円という値段を考えれば、十分なものだったと思います。
自分的には、値段分は間違いなく遊べました。

ただ、20時間というのはあくまで普通のクリアまでの時間なので、隠し要素とかもいれると、もっと遊べますよ。

最近やるゲームねぇ~なぁ~って思ってる方や、iPhonやiPadを持ってるけど、このゲームやった事ないなぁ。って方には是非遊んで欲しい1本です。

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事を気にいって頂けたら、クリックお願いします。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

とあるパンツのレールガン

IMG_0180.jpgIMG_0181.jpg

同人サークル『werk』様制作のゲームです。
パッケージのイラストからして中々良ゲーの雰囲気を醸し出してます。
まぁ、タイトルがちょっとあれですが(笑) きちんとした全年齢のゲームです。

同人ゲームながら、商業レベルの素晴らしいドッド絵がとても魅力的な作品でした。
プレイ時間は初回プレイで30分~1時間と決して長くはないですが、プレイする価値は十分にある作品だったと思います。

ゲームジャンルは『タイマンアクションゲーム』というもので、
それがどんなゲームかといいますと、

基本的なシステムはロックマン系のアクションで、ロックマンのボス戦のみが行われていくゲームといった感じのゲームになってます。

内容を少し話してしまいますとこのゲームの目的は、美琴が穿いていたパンツを黒子に取られてしまい、それ
を取り返すゲームです(笑)

しかし黒子よ。まさか、パンツを盗むとは(笑)
いくらお姉さま好きな変態さんとはいえ、中の人(新井里見さん)が知ったら泣くぞ。

*誤解ないように言っておきますが、このゲームに音声は入っておりません。

ちなみに自分は、こういう同人的なノリは結構好きです。
商業系のゲームにない、はっちゃけた感がたまりません。

ちなみに倒していくボスは、

佐天さん→初春→御坂妹→黒子が連れてきたロボット→黒子。の順番です。

1キャラ基本的には2戦あります。

通常状態を倒した後に、レベルアッパーで覚醒したり、妹を倒した後に、沢山妹がきたり等々。

倒すと美琴の使える技? が増えます。
ダッシュできるようになったり、溜めバスター撃てるようになったり。

最初はパンツ取られてる状態なので、諸事情によりダッシュや激しいジャンプができなくなってます。

美琴が完全な力を取り戻してレールガンを打てるようになるのは後半ですが、レールガンのモーションは中々カッコいいです!

威力も高く、レベル5は伊達じゃないって感じです。
まぁ流石に、友達が相手なので手加減してるんでしょうけど(笑)

個人的には先生や風紀委員のメガネ先輩とかも出てくれてると嬉しかったなぁ。
でも、元々の値段を考えれば、十分過ぎるくらいのゲームだと思います。

ちなみに値段は、とらのあな や メロンブックスで、840円。
2010年に出たゲームなので、在庫はかなり少なくなってきてますので、
ご興味ある方は、早めに購入した方がいいかもしれませんね。

にほんブログ村 ゲームブログへ
記事を気にいって頂けたら、クリックお願いします。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

プロフィール

睡蓮

Author:睡蓮
ゲームやアニメの感想を書いてます。
ゲームやアニメ三昧の日々を送ることが夢。
それくらいのゲームやアニメ好きです。

リンクはご自由にどうぞ。相互リンクも大歓迎です。

twitter
睡蓮的ゲームオブザイヤー
PS
PS2
PS3
PS4
PSP
PSV
SS
DC
GBA
DS
3DS
PC
iOS
ゲーム動画
アイドルマスター関連
ホビー
アニメ関係
ファイアーエムブレム関係
漫画&ライトノベル
ゲームアニメ仲間へリンク
bana-Poetry of a Bird様
検索フォーム
艦これ航海日誌
新作ゲーム

ニーアオートマタ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

ファイアーエムブレム エコーズ

ドラゴンクエスト11

ファイアーエムブレム if

ARMS

人形達の記憶

ファイアーエムブレム無双
ゲームタイトル
応援中
東京ザナドゥ発売決定!
閃の軌跡2絶賛発売中!
月別アーカイブ
最新トラックバック
ゲームやアニメの通販サイト
新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋
ブログパーツ
KOFのシューティングゲーム。音が出るので注意です。

訪れたゲームアニメ仲間達
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。